一歩を踏み出すお手伝いをいたします

原因と注意点

うつ病の原因と注意点

うつ病とは心の病気であり、発症のメカニズムは未だに不明であります。症状としまして、精神症状と身体的症状の2種類に分けられます。精神症状では抑うつ症状、意欲減退、精神活動の低下、焦燥、倦怠感、疲労感などがあります。身体的症状では不眠、食欲の低下、頭痛、腰・肩痛などのすっきりしない痛みがあります。うつ病の症状の現れ方としまして、1日の中で朝が最も多く症状があらわれ、夕方にかけて落ち着いていくといった症状が多くみられています。成人では日々の生活の中でストレスの多く、そのストレスがうつ病につながる可能性が増加したり、社会的支援の欠如がうつ病につながる可能性があります。個人の考え方のバランスを取ってストレスに上手く対応できる心の状態を持つことが大切です。

発症したらどう接し方をどうするのか

発症したとき本人には自分がうつ病だという認識はありません、ですので利用可能な自助グループ、支援グループ、行政グループなどの情報を伝えるべきです。不安障害を併発している場合は治療から行います。治療は個人との信頼関係を結び、個人が納得してから治療に取り組みます。わからないことは理解するまで説明する、コミュニケーションが治療の成功につながります。治療ではまず休養を行います、特に日常生活において著しい症状がある場合は、仕事を休んだり、主婦であれば家事を変わったり、家族の接し方が特に重要となります社会的役割の免除が求められます。そのために家族の接し方、社会の接し方が大切であり、心療内科でも医師の個人への接し方一つで、改善に向かうのです。