一歩を踏み出すお手伝いをいたします

周りの配慮

周りが注意するべきうつ病患者への接し方

家族がもしうつ病になってしまったら本人も辛く大変な苦労をしていますが周りの家族もまた辛く大変な経験をする事でしょう。うつ病発症前を知っている家族であれば別人のようになってしまった家族との時間は大変なものです。時間を共有するにあたりまず疑問が出てくるのが接し方についてです。心が病んでいる患者は時には暴言や理解しがたい行動をとったりする事もあります。そんな時間違った対応をしてしまうと悪化してしまうという事を周りの家族が知識をもって接しなければいけません。咄嗟の行動につい?咤してしまう事もあるでしょう。それは大事な家族だからこそ?咤激励してしまいがちですが患者の気持ちを理解し共感する努力が必要です。

間違った対応は悪化の原因

うつ病患者への接し方を気にするあまり看病する家族の精神的、肉体的疲労が高まってしまうというケースもありますので言動に気をつける程度にしておき基本的には患者自身が望む接し方で対応しましょう。症状によって接し方が違ってくる事もありますので受診している医療機関に相談する事もいいでしょう。 家族によっては薬なんかに頼らなくても、気持ちの問題、自身が弱いから病気に負けてしまうんだなどといった考えも方もいるでしょう。しかし分かっていても自分ではどうにもできなくなってしまう状態になっているのでこういった言動はうつ病の悪化の原因となりますので家族が複数いる場合には家族同士うつ病についてを理解しあえるように努力していきましょう。