一歩を踏み出すお手伝いをいたします

どういったものか

うつ病とは何でしょう

ストレス社会の現代において、こころの病は誰もがなる可能性がある深刻な病気です。 うつ病は肉体的・精神的なストレスがつもり、脳の神経物質がおかしくなってしまい引き起こされます。 これは簡単にいうと、働きすぎて脳が疲れてしまっている状態になります。 一番難しいのはうつ病になってしまった人と関わる周囲の接し方です。 うつ病の人は、もともととても責任感が強い人が多いようでうつになるまでに頑張りすぎてしまっているため発症してます。 そのため接するときに気をつけることは、うつの人に「頑張れ」などの言葉をかけないことです。 発症している方はそれまでに一人でとても頑張ってきていたためにこころを壊してしまっています。 その為、正しい接し方としてはうつ病の人の話をゆっくりと聞いてあげ、励ましの言葉をかけないことです。

接し方を学びましょう

昔はうつ病は甘えだ、などと社会でも家庭でも言われていました。 そのため発症してしまった方はなかなか居場所がなかったと思います。 しかし最近の傾向としては、このようなこころの病に対して社会が徐々に理解を示しています。 今では心療内科などでうつ病患者の家族・恋人に対して接し方をアドバイスしてくれます。 発症した本人がつらいのはもちろん、周囲の家族・恋人もどのように接していいかわからないなどとてもつらい状態となります。 心療内科からアドバイスをされるベストな接し方は、無理に励まさないことだそうです。 うつ病患者本人も、支える周囲の家族や恋人も、この病を治すにあたって焦らず時間をかけて治していく気持ちが大切です。