一歩を踏み出すお手伝いをいたします

接するときの注意

接する時に注意すること

うつ病になってしまった人との接し方では多々注意するべき点があります。 まずは、相手の気持ちを考えて接する事です。 これはうつ病以外でもとても大切なことです。 しかし、時々「うつ病は甘え」というようなことを言う人がいます。 うつ病とはとても辛い病気です。 患者本人の意思とは関係なくネガティブな気持ちになり、行動ができなくなくなります。 そして、ネガティブになり行動できなくなった自分を患者自身が責めてしまうのです。 うつ病の患者との接する場合は相手の気持ちを考え優しい接し方を心がけてください。 また、激励をすることもしてはいけません。 応援することは平時であればとてもよいことなのですが、うつ病の場合は逆効果となります。 応援されて本人は頑張ろうとしても病気の為にがんばれません、そのことに患者は苦しむことになります。 このように接し方にとても気をつける必要があります。

うつ病患者に対して知っておくとよいことについて

接し方として知っておくとよい点は、決してうつ病の患者は怠けているわけではないという点です。 むしろ、病気にかかる前は生真面目で努力家の人が病気にかかる傾向としてはとても多いです。 まずは休養を取るように勧め、長い目で病気が治るのを待ちましょう。 また、うつ病の方は自分の意思と関係なく常にネガティブに苦しんでいます。 応援し急かしてしまうことは本人の負担になりますが、ネガティブな気持ちを減らしてあげられるよう 声をかけてあげるとよいでしょう。 うつ病の治療は周りの人にとっても患者本人にとってもとても大変なものです。 そのためまず、うつ病というものはどういうものなのか、患者と接するにはどのような接し方をすればよいのかしっかりと調べ知識をつけておくとよいでしょう。